頭皮に自信がないのなら薄毛治療で問題解決

AGAを改善するには

医薬品

飲むだけでリスクが減る

東京のAGA治療ができるクリニックでは、プロペシアを基本にオーダーメイドの治療をしています。プロペシアは東京に限らず、世界中で普及しているAGA治療の薬です。プロペシアは、もともと前立腺肥大の治療のために開発されたフィナステリドという薬でした。そのフィナステリドにAGAを改善する効果があることが分かり、フィナステリドを有効成分としたプロペシアが誕生しました。ジヒドロテストロン(DHT)が発生することでAGAになります。DHTは、男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼが結合すると発生する脱毛ホルモンです。5αリダクターゼの活性が強いと、DHTが発生してAGAになるリスクが高まります。この5αリダクターゼの活性を抑えるのがプロペシアです。つまり、プロペシアを服用すると、DHTが発生するリスクが減り、同時にAGAになるリスクも減るのです。プロペシアは良く効くことから、雑誌やテレビでよく取り上げられています。愛用しているAGA男性は沢山いて、格安にプロペシアを処方しているクリニックも、東京都内各地に増えてきています。ただし、プロペシアには副作用もあるので、その辺はしっかり理解しておくことが大切です。よくある副作用には、男性の生殖機能や肝機能の低下などがあります。安全にプロペシアを服用するには、クリニックで処方してもらうことが大切です。東京ならAGAのクリニックが沢山あり、服用中は定期的に経過観察をしてくれます。

To Top